Babel:Ja/日本 (Japan)

From Uncyclopedia, the content-free encyclopedia.
Jump to: navigation, search

Hello, it's Amerika here. If all you see in this page are a bunch of "???"s or other gibberish, you should kneel NOW and praise Allah, for the Japanese characters are an ugly, ugly, ugly thing your Amerocentric computer and its inability to display non-Western characters has spared you of. Indeed, as some wise person on the Internet once said, "Who can read that squiggly shit?"


出典: フリー誤報百科事典『バ科事典(Uncyclopedia)』

Source/原典:http://kotonoha.main.jp/2005/03/10uncyclopedia-japan.html This translation is also licensed under BY-NC-SA.

For the English version, see Japan.

ハロー小泉純一郎御母様と父の裕仁は言う:
「本稿は、明らかに日本について本当に何も知らない或る外人(多分Amerikaの教育制度の成果だろう)によって書かれている。
Amerikaの教育制度のそんな成果は、品質の悪い車も劣った様式の電子機器を造って、調査捕鯨も反対する!」


「麻薬も日本人の理由を説明出来ない。気が狂った心引かれる民族である。」

- カール・シュタイガーナチ神秘学者、登山家、シャングリラ大使

 日本(しばしば副題の「西洋世界の永遠の敵国」が続く)はAmerikaに住んでいれば、世界の反対側にある国である。それは中国ではない(多分...かも知れない)。中国に住んでいれば、かなり近く在る。日本に住んでいれば、窓から外を見れば見られる。多分スクウェア・エニックスも見える。日本人も参照。WONDERFUL FUN! BIG CRUNCH TIME? SUPER ELBOWS! (素晴らしい楽しみ!大きなカリカリタイム?超ひじ!)

サラリーマンが巨大な怪獣の足の回りに仕事に通って東京のもう一つの通常の一日。

経済[edit]

 東京の主要輸出品は、ジャパニメーション(外人が「アニメ」と呼ぶ)ヘンタイハローキティポケモン、それに小さい「日本製」ラベルである。又、コンピューター等の物も造る。日本経済は最近、アメリカのひどいダビング製品が日本の純粋な製品を食い荒らしたために株式市場崩壊をこうむることとなった。また、日本は1900年代初期にメタンフェタミンと、近年には「METAL GEAR AC!D™」も「ルミネス」の発展にも知られている。しかし、最近日本は、恐ろしい怪物を利用する能力を駆使し、ガメラゴジラ(方言によってはゴヅィラとも)、人造モスラなどの製品を輸出し始めて立ち直ってきた。

 前世紀には日本は「大東亜共栄圏」を作ろうと試みた。これは東アジアすべてを一つの独立ヘンタイ会社にしようとするものであった(こうして地域内を強化し、経済的影響力を高めようとしたのである)。しかしながら、この計画は1950年代にアメリカ合衆国にジャパニメーションを持ってくる山本の最初の試みのように燃え尽きてしまった。(任天堂遊☆戯☆王カードの形でより多くの基礎を築く必要があった。)大東亜共栄圏は繁栄でもなく圏でもなくて、誰もそこが実際にどこに在るのか決して分かる事が出来なかった。

 日本の労働力は、出生率の低下と、マレーシアニューファンドランド島のような場所への生産拠点の輸出のため弱体化されている。この出生率の低下の原因は主にラブホテルカラオケ機械とテレビゲームの利用性に因ります。西暦2010年までに、日本の労働力は完全に新生児またはウジのわいた死体によって構成されるであろうと推定されている。どちらも技能や専門知識を持っておらず、聡明な技術主義国としての日本の評判を維持できそうにない。研究者の予想によれば、これは知性と技術を欠落させることとなり、女好きと性的異常ポルノだけが衰弱しつつも残るだろうという(アムステルダム参照)。

 日本の愛国主義を増やす為の方法として、政府には全ての日本製商品と権力者の名前の前に「ハロー」を置く事に因るハローキティを更に大きなアイドルにする計画が有る。(例えばハロー小泉純一郎

地理[edit]

 日本は忍者(ninja)ばかりで構成された一つの島である。しかし、これらの忍者はほとんど休眠中であって、カッとして人々を殺すようなことはないだろうということは指摘しておかねばならない。富士山が彼らの土台であるが、日本人の強い意志(かつては中国人から盗用されなかった意志)によって噴火せずにきた。

 島国国家日本は隣国から孤立している――ロシアコリア中国大陸とは日本海をへだてている(2002年「ウォークラフトⅢ」チャンピオン金正日のような大韓民国の急進的な狂信的愛国者からは、この海は朝鮮海と呼ばれている)。このために日本は独自の言語・文化・習慣を生み出すこととなった。しかし、その習慣は隣国から嫌悪と疑いの目で見られている。それは異常で理解できないからである。

 日本の自然地理は、大変動と気落ちされたものによって特徴付けられる。土地の多くが山地だから、平らな土地の限られた量が怪獣を養殖するのに使われる為に、人口の94%は山頂に住んでいる事を強いられている。山頂の上へ圧迫される事は、日本人にゲームボーイアドバンスの様な余地を取らない革新を出す事を強制した。

 巨大な亀の甲に置かれる断層線上にある日本は多くの自然災害の被害を受けやすい。地震火山津波台風雪崩資本主義まで含まれる。さらに加えて、日本人は罪人だらけの国であるため、甲殻類型怪獣の攻撃隕石、ひどいドラマなどの悲劇を連続してこうむっている。神はローマ法王のリクエストに従って、日本人の身長と胸のサイズを小さくした(このできごとは、日本の小泉純一郎前首相が誤って聖母マリアに射精したことから起こった。べたべたマリア事変参照)。

 日本の民衆と政府は天然資源と環境を守ることに熱心である。特にパンティーの再利用についての努力は称賛に値し、G7諸国の平均よりもおよそ 45%近くの織物使用を削減していると見積られる。この点における首位は、日本のメディアと文化の多数のサンプリングから極めて明白なものとなっているのである。

主要都市と他の観光名所[edit]

人々[edit]

 日本人はすべてすばらしいスーパーサイヤ人の能力(1、2レベルだけ)を持ち、半径1貫(68,000㎞)内のすべてのものを破壊する。14-22歳の大部分の子供は殆ど同じものに見えて、少年を区別する事が生服で本当に素晴らしくて唯一の事に見えるヘアスタイル(はい、5㎏の蝋と他のトイレ用掃除製品を語っている)、「ジャパニメーション年齢」と称する時に全ての少女には物凄く素晴らしいスタイルを持っている。全ての少年は美少女を引付ける能力を持っていて、通常、彼自身(少年は、しばしば少女の様にに見えて、同様にそれらしく振舞う)の事で少なくとも4人の美少女が張合われる。スーパーギアメガ粒子大砲付き高さ150ftのワルなメカ機械で回りを運転していて、何でも周りに潜むどこからともなくポンと現れる悪者エイリアン一体何だいこりゃモノと戦うのは、日本の全ての子供で最も一般の趣味である。そのため、気を散らすために、合衆国政府は第二次世界大戦後、日本人にアニメを見て怒りを静め、永遠の至福に浸るよう要求した(ピカチュウ発作参照)。日本人はがっしりとした民族で、この地域を襲撃する様々な怪獣と戦う力を開発してきた。

十分に煽動される時だけ日本の女性は排卵が出来る。従って、97%以上の日本の妊娠は、強姦の結果である。強姦がまだ定期的に日本文化で起こって、日本の生物学のこの面は人口増加に影響を及ぼされなかった。日本人に特定の現象として、それが犯す多くは、変異体植物相、動物相または地球外生物を含む。妊娠に終っている強姦は、地元の浸透神社で開かれる儀式によってしばしば祝われる。

 典型的な日本の食生活は足立河竹輪田畑粽(あだちかわちくわたばたちまき)、海草、それに緑茶味キットカットによるものだ。しかしながら、彼らは西洋の食材を奇妙な方法で食べる。それは、ユニークな日本の生理機能と調和するように、最も単純な料理さえも加工するのである。つまり、生で、臭く、塩辛くなるように。

 日本人はどういうわけか、何に関しても役にも立たないやり方を思いついてしまう。日本文化は際限無い数のフェチシズムを含んでいるようだ。もしあなたが新しいフェチを思いついたとしても、日本でポピュラーなフェチの一つに過ぎないことが多い。さあ、考えてみよう!

食べ物[edit]

 日本食は主に、生体発光するイカ(不味いよ、本当)、虱(ライス)、それに小便(ビール)からなる。朝食は通常で、副食として、さらにが添えられる。典型的なランチはラーメンである。肛門(ディナー)は サケ から ウヰスキー、それにオムレツに至るまで多岐に渡る。日本でのオムレツは夕食にしか許されない。もしあなたがそれに意義を唱えようものなら、日本人は逆上してあなたを殺すだろう。1940年代末に日本に上陸した下痢(ソフトクリーム)(アイス《覚せい剤》という言葉は1985年に863件発作される事件が起きたのちに禁止された)はただちに全世代において大ヒットとなり、50年代初めには冷凍ウナギバーを市場から追い落してしまった。

 日本のシーフードは価格反比例の法則に従っており、つまり、気味が悪くてねばねばしていて猛毒であればあるほど価格が高くなる。抜目の無い日本の漁業関係者とそのエージェントは、常に世界中の海を探し回って、気味の悪い怪物を見つけては東京築地市場に送り込んでいる。大金持ちの日本人消費者は、猛毒のフグ・レストランに群がり、莫大な円を気前良く払ったのちに、フグの中でも食べても死なないはずの部分を食べるわけだが、板前が宿酔いだったり、彼女に振られた直後だったり、あるいは単に虫の居所が悪かったりした場合にはその限りでない。フグは過激食事運動の一部であって、自殺志願の日本の学生が利用出来る多くの選択の内の1つだけである。多くの専門家は、このような日本人の食習慣が、日本人に消化器疾患への抵抗力を与え、また大食いコンテスト(小林参照)で有利に働いているとの意見で一致している。しかしながら、このようなゲテモノ食いが、パフォーマンスの一種なのか、それとも単に日本人が馬鹿なだけ(乳糖不耐症参照)なのかは、まだよくわかっていない。

 歴史家達は、この日本の食習慣が過去の日本人の戦争好きな性格に影響していたと分析している。サムライが、百姓を手打ちにしたり馬鹿な髪型を結ったりといった辛い一日を終えて家に戻ってみると、食卓にはグロテスクな食品ばかりが並んでいる。誰でもいいから手近な誰かに即座に切りかかりたくなるわけだ。こうして日本のサムライ達は朝鮮にまで乗り込んでいった。ただし朝鮮人はより強力なキムチを作り出して日本人を追い払った。

 ナイフとフォークで食事を食べる代りに、食物を皿と周囲の向こうに均一に広げられる迄操る為に日本人は一般的に破枝(はし)を使う、それから捨てられる。日本の伝統的な茶道(幽の湯)は蒸発する迄交替でお湯の茶碗から飲む事を断れている2人から構成されている。その様な伝統は、細長い日本人のセロリマンと呼ばれる体格の基になる。太り過ぎになるのに十分不運な個人は、おしめだけを着けている全国テレビで互いと戦う事を強制される。

禁じられた食べ物[edit]

鯨肉:無知な痴漢(がいじん)によって禁じられて、鯨肉はオンスによって闇市場だけでこの頃は売られる。通常「ホエールミート」を売るか、買うのを見付けられる人々は当局(捕鯨団)によって警告されて、肉は押収される。勿論、あなたが日本人ではない限り。もしそうならば、あなたは近くのハンバーガー店に行って、くじらバーガーを買う事が出来る。いくらかの日本の公立学校は鯨肉主義食事の選択を提供しさえして、しかし、噴水孔は通常、標準以下の品質である。

イルカ:至る所で国際条約、グリーンピースと動物の好きな人によって保護されているけれども、どうにか、この可愛くて愛すべき海の生き物は食卓の上に現れる 通常、闇市場で鯨肉の形で。皮肉にも、その様な偽の鯨肉は、「イルカ安全」と不正にラベルが貼って有る。これは、それが歯磨チューブで通常包まれるからである。

メトロイド:大ヒットテレビゲーム「メトロイド」のインスピレーションで、これらの愛らしい森の生き物が富士山の上の傾斜で浮かれる事は知られている。メトロイド狩りが国際法によって丸く非難されるけれども、多くはまだ日本の食卓に現れて、お握りの重要な成分として、そして、おメトロイド焼きシチューにも見付ける。メトロイドの膜はその強壮剤の為に影響を誉め称えました、そして、粉に覆われたメトロイドの脳幹は性的な力をパートナーなしで生む事が可能になる様な程度に増やすとの噂である(「彼等は皆同じ様に見える」出産理論参照)。一般市場の上の価格は、個人的なメトロイド狩りの禁止と狩猟の難しさの結果として高いままである。多くの人がミサイルで保護外殻を割って、それからレーザーでメトロイドの大脳皮質を撃つ事が取るに足らないと分るが、厳しい銃規制法はその様な器材を手に入れるのが難しくなる。

動物相:怪獣[edit]

 日本の風景には、生育しすぎたさまざまな怪獣がいたるところに出現している。これは、核廃棄物を作り出す自然の泉によって生まれたものである。ゴジラはその中でも最も人気の高い生物で、高さ500フィートに達することがある。しかし、その温厚な性質にもかかわらず、旅行者を食べようとすることでも有名だ。

 他の怪獣として、モジラガメラセーラーマーキュリーモスラ、ゴムのような突然変異種のさまざまな組み合わせなどがある。上述のように日本はモスラ以外のこれらの生物を利用することができるようになっている。モスラは絶滅寸前種とされている。

 有余る程の他の怪物は言うまでもなく、大部分は巨大な昆虫から成る。これらの昆虫は簡単に認識出来る−非常に大きいだけではなく、遠くから見ると目の錯覚と見える(大体古いブルーバックSFXの様に見える)。

 日本の女子学生の中で、触手怪獣(有名な一例は超神)は最も人気が高い。これらの可愛くて小さい鼠の様な生き物は、しばしば捕らえられて、ペットとして飼われるか、それらの電気才能の為に活用される。

 日本の風景を横行する多くの馬鹿も有る。これらの怪獣は、日本人であるには余りに愚かである。

怪獣バトル[edit]

 日本列島の多くの地域は、そこ自身の「地元怪獣」を持っている様である。

例:

 これらの怪獣は定期的な領土試合の為に合流する。そして、周囲の資産と貴重な女子学生、カメラ居候とアナウンサー(その人は、料金をの為に、恒常的な情報を観客に届ける)を保護する為に大きな「戦闘防壁」によって囲い込まれる。解説はしばしば日本の伝統的な歌でされていて、唯一の歌詞は怪獣の名前である。小泉純一郎によって作曲された最も有名な歌は次の様に歌われる:

ゴジ~ラ!ゴ~ジラ!(繰返し)

 通常、少なくとも1試合は毎週起こる、そして、収益の小さな部分が色々な正当な理由の為に使われる。しかし、大多数の資金は妊娠女子学生連盟、戦隊委員会、多くの様々な凶悪な組織(NERV参照)の様な特別利益に注ぐ。

 又、大部分はメジャーリーグの怪獣の子供達(モスラの息子等)から成るジュニアリーグも存在する。毎年の春と夏に、彼等は甲子園と呼ばれる全国大会に参加する。トーナメントの勝者は、ゴジラ2000、エイリアン2、巨大ロボットに居るのシガニー・ウィーバー、そのミラ・ソルヴィノの映画に有るその蛾のモノと、トレマーズのミミズの様な怪獣に対して世界冠を競争する為にアメリカへ旅立つ事が出来る。

政府[edit]

 日本政府は政府上院の5人のメンバーによって構成されている。これらのメンバーは通常、伝統的な服装を着ている。それは色違いのタイツと、プラスチックまたは金属のプレートで顔を覆う現代的なヘルメットである。彼らの歴史は「センタイ」として知られている。そのうちの一人がリーダーに指名されるが、それは通常赤で覆われているが、規則的に変更されることがある。危機と戒厳令の時代、国を守る活動に従事する。最もエリートの戦士だけがこの任務を与えられているのかもしれない。彼らはそれぞれ一つずつ巨大なロボットを操ることができ、それは他のものと融合してメガゾードとなる(かつてはボルトロンといった)。リーダーのロボットは通常一番強力だったり大きかったりするが、実は、いくつかの大きな闘いでは何の役目も果たさなかったりする。政府構成員を3名に減らし、ロボット・ゲキガンガーに改名する計画が進行中である。シャイン・オン!マイティー・ジャスティス5!

 この政治制度は、他の国のにも影響を与えた(例えばフランスのフランス5、Amerika合スペード国パワーレインジャー)。

 日本政府の立法府は、食品を選ぶ事でその役割の為、「国会」(ダイエット)として知られている。これらの食品はそれから精巧な「キッチンバトル」(料理の鉄人参照)を通して市民の論争を解決するのに用いられる。

 一方で、コナミはひそかに日本のすべてをコントロールしているという現代の理論もある。詳細はコナミ参照。

日本天皇[edit]

  • 数独天皇 (314–652–789)
  • ドラえもん天皇 (1104–1303)
  • 任天堂天皇 (1304–1897)
  • 三菱グループ天皇 (1897–1912)
  • 昭和天皇 (1913–1990)
  • ヘレティック東条天皇 (1939–1945)
  • サザエ皇后 (1946–1974)
  • ゾンビ昭和天皇 (外国で「アキヒト」として知られている) (1990–現在)
  • クレヨンしんちゃん天皇 (1991–1997)
  • ピカチュウ天皇 (1998–1999)
  • ハローキティ皇后 (1998–1999)
  • ヨンサマ天皇 (2000–昨日)
  • ホリエモン天皇 (近い将来)
  • NEVADA皇后 (未来)

法執行機関 & 軍[edit]

 日本の法執行機関と軍はたいへん弱く、ビルのように大きいロボット、悪魔、ミュータントはおろか、財政危機の企業さえも倒すことができない。これは、日本軍がなぜ「自衛隊」と呼ばれているかの根本的な理由である。それゆえ、日本を比較的平和で規律正しい社会になるよう本当に守っているのは、その力を悪ではなく善のために使う半数のビルのように大きいロボット、悪魔、ミュータントなのである。その有名な一例がスパイダーマン浜崎あゆみである。

ヲタ(Fanboy)[edit]

 国家としての日本は(CIAによると)他のいかなる独立国家よりも多くのヲタを集めている。他国の居住者の非常に多くが、日本人となりたいと願っていることは有名だ。これは奇妙なふるまいを招いた。それは、醜い漫画的な衣装を自分で着るという「コスプレ」行為や、熱いことは熱いが実際にはふざけたエロマンガであるヘンタイの崇拝、日本の有名なおいしいキャンディーを食べることなどである。日本のヲタには気をつけよ。彼らの「オタク衝動(otaku passion)」は危険で、不愉快で、まったくもって恐ろしい。

歴史[edit]

 日本の歴史は豊かで、ニンジャだけでなくサムライもいる。先年からの絵画や文書の記録その他の資料を通して、歴史家は日本の生活が過去にどのようなものであったかを再構成してきた。面白いことにそのほとんどは触手ポルノブッカケ(bukkake)で成っている。

 日本は近年まで極めて農業中心の経済であった。主要な農作物は、小麦女子校生のパンティーである。これらの品目の多くは日本各地の自動販売機にあり、またはすべての地下鉄駅に設置された糞食いロボットから購入することができる。

 日本では他の国と同様、歴史を通して多くの紛争に関わってきた。最近の例では第二次世界大戦で、これは白人至上主義者と同盟を組んだ。2つの都市(広島長崎)に原子爆弾を落とされて、日本人は突然、自分たちが実は平和主義者だったと思い出した。叩きつぶされた日本人は、地下のねぐらに撤退して、経済的な自動車ときわめて小さな家電に集中することとなった。

現代日本[edit]

 日本のインフラは歴史的に時代の最先端のものであった。これまで数世紀にわたって、日本の道路とワゴンの利用は、世界でふつうに見られるよりもはるかに早かった。13世紀は、リニアモーター新幹線の発明があったことが特筆に値する。その後すぐ、マイクロソフト・インターネット・エクスプローラ(Mikurosofuto Intahnetto Ekusupulora)が導入された。この言語では、「n(ン)」を除いて少なくとも50%の母音がないような単語は受け入れられないことに注意。それは日本語に導入された英単語によって核反応がおこらないようにするためである。nの力を参照。

日本の神と女神[edit]